ダイエットサプリ選び方種類について詳しく解説しています。
  1. 実は知らない?ダイエットサプリの種類と選び方のポイントを教えます

ダイエットサプリの種類と選び方

ダイエットサプリの種類と選び方

世の中に数多く出回っているダイエットサプリですが、実はいくつかの種類に大別できることをご存知でしょうか?それぞれ種類ごとに目的が異なり、自分の目的に合ったものや向いているものを選ぶことが大切です。

①糖質・脂質をカットするタイプ
ダイエットサプリとしていま一番話題になっているタイプです。余分に摂ってしまった糖質や脂質をカットするタイプで「食べたものをなかったことにしてくれる」のが魅力。ツライ食事制限に泣かされてきた人や、自分の意思で食事内容を調整することが難しい人にオススメです。
主な成分は酵母やギムネマ、キトサン、サラシアなど。
②脂肪を燃焼させるタイプ
体脂肪の燃焼をサポートしてくれるタイプで「太りにくく痩せやすい体質を目指せる」のが魅力。日頃から運動をしていて、体脂肪を燃やすことにおいてその効果を最大限にしたい人にオススメです。
主な成分はα-リポ酸やL-カルニチン、アミノ酸など。
③腸内環境を改善するタイプ
腸内の善玉菌を増やすことで悪玉菌を減らし、基礎代謝を上げるタイプで「便秘を解消することで体重も落とせる」のが魅力。毎日のお通じがないなど便秘気味の人にオススメです。
主な成分は食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖、ラクトフェリンなど。
④食欲を抑制させるタイプ
食べ過ぎや間食を防ぐタイプで「満腹感が持続する、もしくは食欲自体を抑えられる」のが魅力。どうしても食べ物の魅力に抗えない、意思の弱い人にオススメです。継続による栄養失調に注意が必要。
主な成分はグルコマンナンや酵母ペプチドDNF-10、ガルニシアなど。
⑤デトックス・むくみ対策タイプ
体の中に少しずつ貯まった毒素の排出をサポートするタイプで「体の中をスッキリさせて太りにくい体質を作れる」のが魅力。ダイエットだけではなく、肩こりや冷え性、むくみなども気になる人にオススメです。
主な成分は水素やケルセチン、クロロフィル、メリロートなど。

安全面も考慮して

安全面も考慮して

タイプごとに魅力や主な成分を紹介しましたが、すべてに共通して注意してほしいのが安全面です。ダイエットに限らずサプリメントは健康「食品」。普段食べるものと同様に、原材料や製造方法、添加物などをきちんと確認してください。そのサプリがどのような安全対策をとって作られているかがHPなどでわかるとより安心ですね。サプリを摂って効果があらわれたとしても不健康になったのでは意味がありません。

サプリはあくまでサポート

サプリはあくまでサポート

よく広告で「このサプリを飲んだら1ヵ月で10kg痩せた!」「肌もツルツル、体もスリムに!」などと見かけますが、本当にサプリを飲む「だけ」で痩せるようなことはまずないと言っていいでしょう。

私は数多くのダイエットサプリを試してきましたが、適当にサプリを飲んでしまったり、数日で効果が出ないと止めてしまったり、「サプリを飲んでいるから大丈夫」と何もしなかったりしていたうちは失敗続きでした。効果は見込めても、そもそも値段が高すぎて続けられなかったこともあります。サプリはあくまでサポートしてくれるだけ。自分で食生活に気を配ったり、意識して今までよりも少し多めに運動したりという努力も必要です。自分のタイプと出来る努力をよく考えて、サプリを選ぶようにしましょう。

マヌカジンセン
ページのトップへ